京都祇園「花見小路通り」は閑静で上品な趣き。 14.04.16  (更新: 

京都祇園「花見小路通り」は閑静で上品な趣き。

美しい路地が点在する京都・祇園。
今回はその中でも上品で高級感漂う花見小路通りをご紹介します。

花見小路通りは三条通から安井北門通まで、祇園を南北を走る通り。

四条通りをはさんで北側はテナントビルが立ち並ぶ現代的な通り、南側は京都らしい町屋や石畳が続く通りと、北と南でずいぶん雰囲気が違うので、京都らしい風情ある街並みを楽しみたいのであれば、南側の散策がオススメ。

この通りは近年街並みの整備が進められ、美しく整えられた石畳は清掃も行き届いています。

また電線を地中に収める「無電柱化」によって電柱をなくしたことで、さらに情緒ある通りとなっています。

通りの両側に並ぶ町屋には、駒寄せ(人や馬などにより家が傷められないよう取り付けられた柵)や、犬矢来(いぬやらい/軒下を通る犬や猫の放尿、雨や泥水から壁を守る為に取り付けられた柵)がある家も多く、まさに京都といった雰囲気です。

なお花見小路通り沿いには、都をどりで有名な「祇園甲部歌舞練場」があり、この付近は京都の5大花街(上七軒・祇園甲部・祇園東・先斗町・宮川町)の一つとなっています。
そのため運が良ければ舞妓さんに出会うことも...。

建仁寺

また祇園甲部歌舞練場の近くには京都最古の禅寺とされる「建仁寺」が。
町の喧騒を忘れさせる厳かな雰囲気の境内で、美しく剪定された日本庭園や、歴史ある屏風画を拝観することができます。

【拝観時間】
<3/1~10/31の期間>10:00~16:30
<11/1~2/28の期間>10:00~16:00(※12/28~12/31は拝観休止)

【TEL】075-561-6363)

そして昔は「一見さんお断り」が多かった花見小路通りですが、最近では外国人観光客の増加もあり、気軽に入れるお店も増えています。

甘多(あまた)

花見小路から四条通り1本南側の小道を入り、東へ進むと見えてくるのが元旅館の京町屋を改装したカフェ「甘多(あまた)」。
町屋の落ち着いた雰囲気の中、お食事からデザートまで手頃な価格で楽しめます。

近江牛を使った「近江牛カレー」(1,340円税込)や、日替わりの定食「きょうのおばんざい」(910円税込)など、ランチにぴったりなメニューが揃っています。

またこちらでオススメなのが七味を使った変わり種デザート。
七味を練りこんだ「七味アイスクリーム」、七味を使った「甘多の七味パフェ」、七味を生地に混ぜ込んだ「七味パウンドケーキ」など、どれも絶妙な組み合わせで味も格別です。

【営業時間】11:00~20:00 ※19:15ラストオーダー
【定休日】木曜日
【TEL】075-551-1587
【ホームページ】http://amata.on.omisenomikata.jp/

祇園 Abbesses(ぎおんアベス)

また花見小路から裏路地に入った場所にひっそりと佇むのは、隠れ家のようなレストラン「祇園 Abbesses(ぎおんアベス)」。

京野菜をふんだんに使用した、野菜がメインの創作フレンチのお店です。

ランチタイム(11:30~15:20/最終入店は14:00)とディナータイム(18:00~22:00/最終入店は20:00)があり、本格的なフレンチがリーズナブルに頂けます。

手軽に頂ける「ランチコース」(2,500円税別)から、オマール海老などを使い、贅をつくしたシェフのおまかせコース「贅沢アベスディナーコース」(10,000円税別)まで、さまざまなシーンに合わせたメニューが揃っています。
祇園の雰囲気を味わいながらも手頃な価格でお食事できるお店です。

【定休日】月曜日・祝日の場合は翌火曜日
【TEL】075-533-2501
【ホームページ】http://www.abbesses.jp/index.html

津田楼(つだろう)

さらに南へ行くと祇園甲部歌舞練場斜め前にあるのが、元お茶屋さんを改装したお店「津田楼(つだろう)」。
古い建具を残していたり、小さな坪庭があったりと京都らしい風情のある造りです。

ランチタイム(11:30~ラストオーダー14:00)と、ディナータイム(18:00~ラストオーダー20:00)、バータイム(18:00~深夜/日・祝日ラストオーダー22:30)の3つの時間帯で、それぞれ違った楽しみ方ができます。

ランチメニューは湯葉豆腐やお造りなどのさまざまな小鉢がお膳に乗ったもの。
彩り豊かなお料理が3,300円か5,500円(いずれも税・サービス料込)で頂けます。

ディナーメニューは13,000円~(税・サービス料込)で、旬の食材を使ったおまかせコース。
料理だけでなく使用する器にもこだわった、見た目も美しいメニューです。

またバータイムには100種類以上のワインやビールなどアルコールも堪能できます。

さらに祇園の元お茶屋さんだけあって、食事の席に舞妓さんを呼んでもらえたり、舞妓さんとランチを楽しめるサービスも。
(14,500円税・サービス料込/事前予約必要 ※日程等くわしくは【食遊菜都事務局】TEL:075-212-2116に問い合わせ/受付:平日9:30~18:00/土・日・祝 休)

玄関脇には、厳選した古美術品を取り揃えたギャラリー&アンティークショップが併設され、京都の職人が手がけた数々の美術品の他、津田楼オリジナル干菓子やてぬぐいなども購入できます。

京料理と共に京都の文化も同時に味わえる空間となっています。

【営業時間】13:00~18:00
【定休日】水曜日・第3火曜日
【TEL】075-708-2518
【ホームページ】http://tsudaro.com/

gionhanamikoji2.jpg gionhanamikoji3.jpg gionhanamikoji4.jpg

路地情報

花見小路通り(はなみこうじどおり)
路地名 花見小路通り(はなみこうじどおり)
住所 京都市東山区祇園花見小路
最寄駅 祇園花見小路通り
アクセス 京阪本線「祇園四条」駅から東へ徒歩5分
おすすめの時間 9:00~23:00

普段味わえない特別な体験を掲載する予約サイト「Wabunka」では、職人から直接教わるものづくりや老舗工房の非公開ツアーなど、京都の人も知らない京都の魅力を体験できます!

↓「Wabunka」は こちら から↓

  • 広告
  • 広告
PageTop

CATEGORY