「あじき路地」は、井戸をくむポンプや昭和風レトロな街灯など、どこか懐かしい空間に感動。 17.04.27  (更新: 

「あじき路地」は、井戸をくむポンプや昭和風レトロな街灯など、どこか懐かしい空間に感動。

東山区の住宅街の中にある「あじき路地」をご存じでしょうか?
京都の数ある路地の中でも有名で、築100年以上の町屋長屋が連なる細い路地です。

長年空き家になっていたものを大家の「安食 弘子(あじきひろこ)」さんが再生し、さまざまな作家たちの創作活動の場として貸し出されています。

ゆったりとした風情ある京都の風景の中に、若きクリエイターたちの感性を感じる人気のスポットで、小説や漫画の舞台になったこともあるのだとか。
今回はそんなあじき路地の魅力をご紹介します。

あじき路地は京阪「清水五条」駅から徒歩5分ほど、京都の花街のひとつである宮川町の近くにあります。

少しわかりづらい場所ですが、五条通を東へ進み、和菓子のお店「五健ういろ」さんの角を北へ。
「大黒湯」という銭湯の煙突が目印です。

このすぐ北隣があじき路地なのですが、本当に細い通りなのでうっかりすると見逃してしまうかも。
路地の入口には入居している方の名前が書かれた看板が出ているので、よく注意して見てみましょう。

入口の小さな門をくぐると見えてくる、細い路地に職人長屋が連なるその景色は「まさに京都!」。
格子戸が特徴的な町屋の他にも、井戸をくむポンプや昭和風のレトロな街灯など、時代を感じさせるものがそこかしこにあり、昔懐かしいノスタルジックな雰囲気に包まれています。

こちらにはさまざまなクリエイターたちが集まっていますが、現在はオーダーメイドの帽子の店「EVO-SEE(エボシ)」、手作りアクセサリーの店「オリオンの小箱」、ドライフラワーの専門店「blow in house(ブローインハウス)」、「日曜日のパン屋さん」などがあります。

帽子屋「EVO-SEE(エボシ)」

オーダーメイドの帽子屋「EVO-SEE(エボシ)」

路地の中ほど、右手にあるオーダーメイドの帽子屋「EVO-SEE(エボシ)」は、約20種のデザインの中から好みのものを選び、生地やサイズなどをカスタマイズしてオリジナルの帽子が作れるお店。
既製品とは違う使い心地の良さを実感できます。

【営業時間】12:00~19:00
【営業日】土曜日・日曜日
【TEL】075-708-6480
【ホームページ】 http://www.ordermadeday.com/evo-see

アクセサリーのお店「オリオンの小箱」

ヴィンテージの手作りアクセサリーのお店「オリオンの小箱」

オーダーメイドの帽子「EVO-SEE(エボシ)」の右隣にある「オリオンの小箱」は、ヴィンテージの手作りアクセサリーのお店。
作品は全て1人で作っているそうで、手作りならではの味のあるアクセサリーが揃っています。

【営業時間】12:00~17:30ごろ
【営業日】木曜日~日曜日
【TEL】―
【ホームページ】 http://www.orionkobako.com/

ドライフラワーの専門店「blow in house(ブローインハウス)」

ドライフラワーの専門店「blow in house(ブローインハウス)」

路地の突き当たり、右手にあるドライフラワーの専門店「blow in house(ブローインハウス)」。

こちらでは味わいのあるオシャレなシルクフラワー(造花)やドライフラワーを販売しています。
リースやブーケ・コサージュなどのアレンジメントもされていて、結婚式用のアレンジもお願いできるのだとか。

【営業時間】12:00~18:30
【営業日】日曜日
【TEL】075-533-6356
【ホームページ】 http://www.blow-in.jp/

日曜日のパン屋さん

日曜日のパン屋さん

路地の奥、左手にある「日曜日のパン屋さん」。

以前はその名の通り日曜のみの営業でしたが、お客さんの要望に応え、最近では平日もオープンされています。

天然酵母を使って丁寧に作られたパンは、ハード系からキッシュ、タルトやデニッシュとどれも美味しそう。

パン以外にも手作りのジャムや生キャラメル、「ロシェ」という焼き菓子なども置かれています。
小さいですがイートインスペースもあり。

【営業時間】10:00~19:00
【営業日】水曜日を除く全日
【TEL】075-494-3308

あじき路地のお店や工房は、ほとんどが週末限定でオープンするので(日曜日のパン屋さんを除く)要注意。

月に数回しか開けていないお店や臨時休業など、基本的には不定休なので、お目当てのお店がある場合は、お店のホームページなどで確認してから行く方がいいでしょう。

またここに入居しているのは独立を目指す若き作家たちばかり。
あじき路地での生活でステップアップし、独立して退店されることも。

お店の入れ替わりは多いので、お目当てのお店がなくなっていた...なんてこともあるかもしれません。
こちらもよくチェックしておいた方がよさそうです。

大家である安食さんは、かつて自身も七宝焼と彫金のデザインをしていたそうで、そんな自身の経験から若手作家の支援に力を入れておられます。

町屋の提供だけでなく、時にはごはんやお菓子を差し入れしたりと、何かと作家さんたちの面倒をみているんだとか。
安食さんの温かさに触れた若い作家さんたちは、みんな親しみをこめて安食さんを「おかあさん」と呼ぶそうです。

古き良き京都の路地というだけでなく、若者たちのものづくりにかける情熱と、「おかあさん」の温かさに包まれた場所だからこそ、訪れる人々を魅了するのかもしれません。

路地情報

あじき路地(あじきろじ)
路地名 あじき路地(あじきろじ)
住所 〒605-0831
京都市東山区大黒町通松原下ル2丁目山城町284
最寄駅 京阪本線「清水五条」駅
アクセス 京阪本線「清水五条」駅から徒歩8分。
おすすめの時間 10:00~19:00

普段味わえない特別な体験を掲載する予約サイト「Wabunka」では、職人から直接教わるものづくりや老舗工房の非公開ツアーなど、京都の人も知らない京都の魅力を体験できます!

↓「Wabunka」は こちら から↓

  • 広告
  • 広告
PageTop

CATEGORY