石畳の閑静な「宮川町通り」には、歴史あるお茶屋や置屋が多く軒を連ねる。 17.05.21  (更新: 

石畳の閑静な「宮川町通り」には、歴史あるお茶屋や置屋が多く軒を連ねる。

清水五条から祇園四条にかけて南北700mを走る「宮川町通」。
京都の5大花街の一つ「宮川町」の中を通るこの路地は「宮川町歴史的景観保全修景地区」に定められていることから、伝統ある町屋や石畳の道など、歴史と風情を感じさせる街並みが残されています。

五条から四条まで続く路地ですが、一部アスファルト舗装や民家が多く立ち並ぶエリアもあるため、散策には宮川筋4丁目付近から宮川筋6丁目付近(あじき路地の近く)までがおススメです。
(松原通と交わるところで道が少しずれるので要注意。)

道幅は狭いですが、おかげで車もめったに通らず人通りも少ないため、ゆっくりと見て周ることができます。

またこの辺りには歴史あるお茶屋や置屋が多く軒を連ねており、静かで落ち着きのある雰囲気が漂います。
飲食店などは少ないのですが、その中の素敵なお店をいくつかご紹介しましょう。

京都祇園 宮川町 近江栄(おうみえ)

松原通を北へ少し歩いた「宮川町歌舞練場」の南側、二軒隣りにある「京都祇園 宮川町 近江栄(おうみえ)」。
花街にひっそりと佇むこちらのお店はなんとワインバー。
昔ながらのお茶屋をリノベーションして作られており、京都らしい格子戸をくぐれば、そこにはオシャレで和モダンな空間が広がります。

広々とした店内は4つのタイプの席があり、8名までOKのバーカウンター・同じく8名までOKのソファラウンジ(専用のホームバー付きソファ席)・18名までOKのお座敷・ホームバーや化粧室まで付いた16名までOKの特別席と、シーンによって席を選ぶことも可能。

フランスワインやイタリアワインを中心に、ソムリエが厳選した世界各国のワインが約500種800本も取り揃えられています。
提供されるワインは温度や湿度はもちろん、光源や微振動にまで配慮した専用ワインセラーで管理するこだわりぶり。
カクテルやウイスキー・日本酒などもあり、ワイン以外のお酒も味わえます。

またフードもワインにぴったりのオードブルや軽食、フルーツなど種類が豊富。
値段もそれほど高いということはなく、リーズナブルで安心して頂けます。

まさに大人のための隠れ家的バーといったところでしょう。

【営業時間】17:00~26:00(L.O.25:30)
【定休日】年中無休
【TEL】075-561-0303
【ホームページ】 http://www.oumi-e.jp/

舞妓体験「舞香」

「宮川町歌舞練場」からさらに北へ。
インパクトのある大きな舞妓さん人形が置かれているのが、舞妓体験「舞香」。

こちらはその名の通り「舞妓体験」ができるお店で、お化粧、かつらや着物の着付、撮影を通して本格的な舞妓さん気分が味わえます。

京都にはこういった舞妓体験ができるお店がたくさんありますが、中でもこの舞香さんは、より本物の舞妓さんに近づけられるよう、さまざまな工夫をされています。

例えばメイクに関して言えば、化粧品は全て舞妓さんと同じものを使い、本物の舞妓さんを見て日々メイク技術の向上に努めているという点。
これは本物の舞妓さんが行き来する花街にあるというメリットが活かされています。

かつらのセットも熟練の技術で自然でキレイに仕上げてくれますし、撮影時には舞妓さんに近いポージングを指導してくれます。
これも実際の舞妓さんを目にする機会が多いことから得られた技ですね。

さらに広い店内に再現されたお茶室やお座敷では、より本物の舞妓さんに近い姿で撮影ができます。
またそのままの姿で外に出る時には、スタッフの方がガイドとして付き添ってくれるので、京都に詳しくない方でも安心です。

料金は6,500円のお手軽なものから30,000円の本格的なものまで、いくつかのプランから好みに合わせて選ぶことができます。
花街に訪れた記念に、思い切って変身した姿で京都の街を散策するのもよいのでは?

【営業時間】9:00~19:00
【定休日】年中無休
【TEL】075-551-1661
【ホームページ】 http://www.maica.tv/

文具店「裏具」

そして「舞妓体験 舞香」の裏手にはオシャレな文具店「裏具」があります。

お茶屋を改装して作られたお店は、少し入り組んだところにあり分かりづらいのですが、宮川町通からゑびす神社へ抜ける道の途中にある、北向きの小道を奥へ入ると入口があります。

店名の「裏具」は「嬉ぐ(うらぐ)」という言葉から来ているそうで「嬉しい気持ちを大切な人に伝えたい時、その気持ちをつなぐ道具を提案する」という想いがこめられているんだとか。
そこに並ぶ商品はただの文具店とはひと味違い、ひねりのきいたちょっとオシャレな物ばかり。

実はこちらはグラフィックデザインの事務所が手がけたお店だそうで、オリジナルだという商品のセンスには納得です。
ハガキや一筆箋などの手紙に関する文具がメインですが、品揃えは豊富で、「まめも」という200枚つづりの手のひらサイズの小さなメモ帳も人気です。

ふらりと立ち寄れば大切な人への思いを綴る、素敵な一品が見つかるかもしれません。

【営業時間】12:00~18:00
【定休日】月曜日(月曜祝日の場合は翌日)
【TEL】075-551-1357
【ホームページ】 http://www.uragu.com/

五条通や川端通など、比較的大きな通りに近い場所でありながら、ゆったりと静かな時が流れる宮川町通。
少し路地を入っただけでガラリと雰囲気が変わるというのも京都らしいですね。

風情ある街並みをのんびり散策すれば、舞妓さんに出会えるかもしれませんよ。

路地 路地 路地 路地 路地 珍しい3階建ての町屋 表札がかかっているのでお店ではなく、個人宅でしょうか? 宮川町通りにはこういった小路がいたるところにある 料亭の入り口のような上品な小路 アスファルト部分が道路。とても細い。 路地 路地 路地 こちらは宮川町通りではなく延伸された新宮川町通り 延伸された新宮川町通りも石畳でキレイに整備されている

路地情報

宮川町通り(みやがわちょうどおり)
路地名 宮川町通り(みやがわちょうどおり)
住所 京都府京都市東山区宮川筋
最寄駅 京阪本線「祇園四条」駅、「清水五条」駅
アクセス 京阪本線「祇園四条」駅から徒歩4分。
京阪本線「清水五条」駅から徒歩8分。
おすすめの時間 9:00~20:00

普段味わえない特別な体験を掲載する予約サイト「Wabunka」では、職人から直接教わるものづくりや老舗工房の非公開ツアーなど、京都の人も知らない京都の魅力を体験できます!

↓「Wabunka」は こちら から↓

  • 広告
  • 広告
PageTop

CATEGORY